成長が止まらない農業界の知られざる実態を紐解いていきます!

MENU

農業はいつの時代も私たちの生活に直結した問題です。

 

農業の今後について悩んでいる農家の人

「農業人口が減少している。」
「農家の高齢化問題が深刻だ。」
「TPPによる日本の農業のダメージが心配だ。」

 

といったように私たちの食と暮らしに関係している農業ですが、ネガティブなイメージばかりがつきまといます。

 

確かに農業就業人口は年々、減少しており、地方の過疎地で働くイメージばかりが先行して、若者が希望を持って働ける場ではないと考えるのが一般的です。

 

しかし最先端の農業というのは、そのイメージとは変わりつつあります。

 

 

そこで注目したいのが農業技術がどのように発展してきたかです。

 

 

主に農業技術(BC技術・M技術)というのは、

  • M技術(MachinicalTecnology/マシン・テクノロジー)というトラクターやコンバインなどの農機など機械によって農業の効率を変えていく技術
  • BC技術(Biological-Chemical Technology/バイオロジカル・ケミカル・テクノロジー)といって生物的・化学的農業技術

に大別されます。

 

 

M技術に関しては、農業技術というのは、原始的なものばかりをイメージしがちですが、トラクターやコンバインなどの農業機械の高性能化は、耕うんや収穫などの効率を圧倒的に上げました。

 

特に最近ではITの活用や農業アシストスーツなどによる重労働の省エネ化が注目を集めています

また農業には堆肥や肥料、光や大気、品種改良などの生物学的な知識や化学的な技術を多く必要とします。

 

例えば太陽などによる光の量は、農作物の発育に大きく影響して、農薬などの使用は農作物のリスクや出来栄えに大きく影響します。

 

堆肥や肥料に何を使うかも重要なBC技術の一環です。

 

牛糞や鶏糞と化成肥料などの配合技術は、M技術と連携して適切に管理して農地に加えていく必要があります。

そしてバイオテクノロジーの進歩によって、農作物を品種改良させていく技術も進歩していきました。
消費者のニーズに合わせたり、生産性の高い作物を作ることが可能になってきました。

 

最近では遺伝子組み換えによる品種改良をする農業生産者も現れており、問題になることも少なくありません。

またLED電球などの実用化に伴い野菜や農作物が成長する過程で大切な光源を管理・調整して屋内農園を運営するビジネスも登場してきました。

 

LED電球で育てる屋内農園について

農作物が光合成を繰り返して成長していくためには、適度な光が必要になります。

 

太陽光では人工による調整が難しく気候に農作物の出来が左右されることが多いので、むしろ植物工場を建設して屋内でLEDによる光やCO2の量を管理して、均一な農産物を生産しようという動きも強まっています。

 

農作物の光量・温度・CO2濃度を自動管理の詳しい情報はこちら

また新たな農業ビジネスのあり方として、宇宙空間で農作物や植物の栽培は可能かを研究するプロジェクトも進められています。

 

現在地球上の人口は70億人を突破して、その食糧需要にこたえる農業のあり方が模索されています。

 

その中で宇宙空間での農産物の栽培の是非を進めるプロジェクトは進められており、既にいくつかの農産物の栽培は可能だという調査結果も報告されています。

 

 

技術が進歩している農業

 

このように現代の農業は、ITや農業機械、化学肥料や生物学的技術が重なりあって、非常に高度なビジネスに発展してきています。

 

宇宙における農作物の栽培などはスケールが大きく、今後の人類のあり方まで左右しそうな展望を含めています。

 

また近年は、この農業の持つビジネス性に注目して、イオンやJR、イトーヨーカドーなどの大企業が農業生産に関与してきたことも言及しておきます。

 

こういった大企業と農業とのコラボレーションにより、地方の雇用が促進されたり、若者の農業就業希望者が増えてきたことも注目しておきたいところです。

 

このサイトでは現代における農業技術や技術革新の歴史を解説しています。
ハイテク化する世界の農業について学びましょう。

 

 

最新の農機具にするなら、今まで使っていたものは売りましょう。
「古くて売れないかも知れない…。」と思っている方も一度査定に出してみることをおすすめします。
思わぬ高額査定が出るかもしれません!

 

おすすめ買取業者⇒農機具ひろばで高額査定