アメリカではドローンを活用して、農薬や肥料を散布する方法を取り入れています。

MENU

ハイテク農業に強い諸外国

 

世界の農業技術

 

世界の農業大国と呼ばれる国々には、さまざまなハイテク農業を活用しています。
アメリカやオランダといった欧米諸国の魅力的な最先端の農業技術を解説していきます。

 

宇宙での植物栽培の研究についてはこちら

 

 

アメリカ

 

やはり農業大国を語る上で忘れてはいけないのが、超大国アメリカです。
アメリカの強みはなんといっても広大な面積を誇る国土があるために常にスケールの大きな農業が可能になります。
トラクターなど農業機械は、日本向けの製品とは違い規格も大きく、広範囲を耕すことができます。

 

最近話題になっているのは、ドローンの活用です。
無人飛行機であるドローンを活用して農薬を散布したり、肥料を散布するという方法が農業に取り入れられています。

 

アメリカではクラウドコンピューティングを利用したり、広大なエリアのマピイングソフトを搭載することにより高精度な農薬や肥料の散布が可能になります。

 

 

 

オランダ

 

オランダはアメリカに次ぐ世界第2位の経済大国です。
オランダ農業の最大の特徴は、狭い国土にも関わらず世界2位の生産量を誇るという点です。

 

オランダは都市型農業と言って、農場や農地だけでなく、都市近郊といった比較的農業に向かない場所でも、ビルや施設の中でもアクアポリックスと呼ばれる水耕栽培や魚の養殖などを行なったり、グリーンハウスで野菜や作物を栽培することで、密度の高い農業生産を生み出します

 

 

 

スイス

 

スイスはヨーロッパの中では農業規模は小さい農家が多いですが、家畜糞尿の処理技術は高いものがあります。

 

逆浸透圧を用いた糞尿処理によって肥料として効率よく農地に巻く方法や糞尿を液体と固体に分けるなど家畜糞尿の効率の良い処理の方法や活用の方法があげられています

 

またバイオガスプラントと呼ばれる施設を用いて、糞尿からメタンガスを発生させ、発電のシステムとして利用する方法もあります。