品種改良によって発芽から収穫までのスピードを上げることで、農作物の収穫効率が上がります。

MENU

品種改良で発育速度をアップ

 

農業効率を上げるためには、一つの農地からより多くの農作物を収穫することが求められます
そのためには農地の回転率を上げることが重要になってきます。

 

単純な発想として、作物の種をまいて発芽して成長して収穫に至るまでのスピードを速めることにより、収穫後次の作物を植えて育てることができます。

 

そこで注目されているの農業のBC技術です。

 

Biological-Chemical Technology(生物的・化学的農業技術)による品種改良は、本来、病気や気候に強い作物への改良であったり、消費者が望むおいしさを追求したお米への改良です。

 

品質を向上させたり、新しい内容に挑戦したものであることが多いですが、種子を植えてから発芽して実を結ぶまでのスピードを速めて農業生産を高めるためにも使われます。

 

品種改良は、1つの品種ともう別の品種を掛け合わせることで新しい品種をつくりますが、その方法は、交配育種法といわれる人工交配法が一般的です。

 

こういった品種改良によって発芽から収穫までのスピードを上げることによって、農作物の収穫効率は上がります

 

そもそも農業で使われる作物の種というのは、農家がJAなどの種を販売している業者から購入してその都度利用しています。

 

それは自分たちの畑で農作物から自然発生的に収穫できた種では仕入れた種ほど見事に育たなかったり、収穫量が少なかったりするからです。

 

業者から販売されている種というのは、生産性が高い種でありメンデルの法則に基づいて育苗農が品種改良によって作り出している種や苗といって間違いないでしょう。

 

このように品種改良によって、作物の品質や生産性を高めることは農業にとって欠かすことのできないことです。

 

種子を撒いてから発芽、成長、収穫までのスピードを高めて、生産性を上げることが注目されています。
今後も品種改良によってハイスピードで収穫できる作物が注目されるでしょう。