植物工場と呼ばれる屋内にLEDなどの光を照射してコントロールする方法があります。

MENU

光量・CO2濃度を自動管理

 

農作物の栽培に必ず必要になる要素がです。

 

今でも農業の基本になっているのは、さんさんと照り付ける太陽光の空の下で、土の中に種や苗を植えて農作物を育てる露地栽培ですが、最近では植物工場と呼ばれる屋内にLEDなどの光を照射してコントロールする方法があります。

 

植物の基本的な成長に大切なのは光合成です。
植物は光合成を繰り返すことによって、体内に有機物を作り出し生命活動エネルギーを作り出します。

 

しかしこの光の量は、植物の光合成をしていくために強ければ強いほど良いというのではありません

 

農作物を育てる太陽

太陽光が農業をする上でもっとも適しているように思われがちですがあまりに強烈な日差しが続いたり、雨があまり降らなかったりしたら、農作物が育たないこともあります

 

光合成には光飽和点といわれるものがあり、光の量もある程度に達すると頭打ちとなり光合成速度に影響しなくなる点があります。

 

温度に関しては、光合成速度が最適に保たれるのは、葉の温度が25度前後がもっとも良いことがわかっています。

 

空気中のCO2(二酸化炭素)の濃度も重要で、濃度が高ければ光合成速度は増えて農作物がよく育つと言われています。逆にいうと大気中のCO2の量が減少してしまうと農作物の成長に影響を及ぼすことになります。

 

最近では農地に大気の温度や湿度、CO2の濃度を計測できるセンサーを置いて農地コンディションを管理したり、LEDや蛍光灯などを用いた屋内農場で光の量やCO2の濃度を完全にコントロールして農作物を生産する動きが顕著になってきています。

 

屋内農園は運営のコストは高くなりますが、気候に左右されずに高い品質の農産物を作りつづけるには最適の環境を維持できるので注目が集まっています。