無農薬でLEDによる栄養価のコントロールを実現して、高付加価値な農作物が提供できます。

MENU

LED電球による屋内農園

 

屋内農園のLED電球

 

農地を利用して、芳醇な太陽光を利用して栄養たっぷりの農作物をつくることは、人類の大切な文化であり、財産です。

 

しかしLED電球の登場によりにわかに注目されているのが、LED光を利用して栽培する屋内農園です。

 

屋内農園は、オランダやイギリスなどの欧米諸国でも導入されており、太陽光がなくてもLEDや蛍光灯などの光を利用して植物や農産物を栽培することができます

 

これは逆に言うと日光が少ないエリアだったり、気候条件に左右されやすい農業にとって、環境に左右されずに農業を行うことのできるのです。

 

 

 

蛍光灯とは発光方式が違い、LEDは白以外の光を照射することが可能です。

 

LEDと言えば、赤色、緑色、青色の光を放つことが出来ますが、それぞれの光の特性を活かして野菜の栄養価を上げたり、成長効率を上げることが出来ます。

 

またLEDは照射電力が他の光源よりも省エネであり、10年以上も交換不要であることもあり、施設運営費を従来よりも削減することが可能です。

 

 

 

また屋内農園のもう一つのメリットは、害虫被害を軽減できることです。

 

農地で栽培するとどうしても害虫のリスクが高まってしまいます。

 

対策をしないとキャベツや白菜の葉は虫食いにより穴だらけになり、見栄えの良い野菜を作ろうとすると農薬の散布が必須になってきます。

 

その意味で屋内農園は農薬をかける必要性は低く、虫による被害を排除することができるので、次世代農業として注目されています。

 

 

 

また室内の温度や光の量、CO2の濃度、肥料濃度などを自動計測して徹底管理することが可能です。

 

このようにLED農園による農作物の栽培は、無農薬でLEDによる栄養価のコントロールを実現して、消費者にとって高付加価値な農作物を提供できる可能性があるということです。

 

まだ国内で事業化するにはある程度の時間と準備期間を要しますが、国内の食料自給率を上げてさらに高品質な野菜が私たちの食卓を彩る日が来るかもしれません。