近年ではインターネットで農業機械などを連携させ、クラウドで情報を管理するIOTが導入されています。

MENU

農業技術革新の歴史

 

農業は人類が生存していくために遥か昔に発生して現在にも受け継がれている大切な文化です。

 

その農業も時代とともに進化して、農産物の生産性を上げて今日のような70億人という人口の食糧需要にこたえるような、生産量を増やすにまで至っています。

 

そこには農業技術の革新があったことは間違いありません。
どのような農業技術革新があったのかをおさらいしていきましょう。

 

 

灌漑技術

 

稲作で大切なのは、稲を育てるための水田を作るためには、河川から水を引いて水を供給するシステムは、農業土木の技術であり日本では縄文時代に既にその萌芽が見られ、世界的に見ても世界4大文明の時代にはエジプトやメソポタミア地方で見つかっています

 

 

 

バイオテクノロジーの技術革新

 

農業には、農作物や家畜をよりよいものに変えていく品種改良を繰り替えし行ってきました。

 

すでにヨーロッパでは15世紀ごろに品種の交換がはじまり、家畜や農作物でもさまざまなものが品種改良されてきました。

 

その中には分離育種法や交雑育種法胚培養から細胞融合などがバイオテクノロジーとして台頭して、近年では遺伝子を組み替えて品種改良を行う遺伝子組み換え法まで登場してきました。

 

 

 

産業革命による農機の進化

 

農業には農具の存在が不可欠です。
特に土地を耕すにもそこに植えた作物を収穫するにも、農具や農業機械の力が必要になってきます。

 

昔は人手による鍬や家畜によるプラウなどで耕していた田畑も産業革命で内燃機関のある耕うん機やトラクターが開発されるようになり、各段に農作業の効率を上げることができました。

 

また稲の脱穀から収穫でもコンバインといった農業機械が活躍しています。

 

 

 

ITによる管理

 

近年、農業でも導入されつつあるのがコレです。IOTと言ってインターネットで農業機械などを連携させ、クラウドで情報を管理することで最適な農作業のあり方を模索します。