農薬だけではなく、牛糞や鶏糞、化成肥料などの堆肥を撒く専用のキットも展開されています。

MENU

トラクター・農薬散布の自動化

 

トラクターといえば、田畑を耕すための農業機械ですが、農薬や散布したり、肥料を撒くことにも活用できるのです。

 

トラクターは耕うんすることが主な目的で作られる農業機械ですが、後付けで農薬散布セットを取り付けることで別の使い方もできます

 

農薬の入ったタンクをセットして後方のノズルからトラクターの移動と同時に散布することができます。

 

トラクターで農薬を撒くメリットは、進行と同時に薬剤が散布されるので、人がタンクを背負って手持ちのノズルで薬剤を散布するよりも均一で広域に農薬を撒けのでとてもおすすめです。

 

農薬を散布するためには、このように専用の農薬散布セットをトラクターに取り付ける必要があります。

 

またさらに複雑な機構を持つセットでは、水稲などにおける播種と同時に薬剤を散布することもできます。

 

このセットでは播種を行った直後に水面の表面に除草剤などの薬剤を均一に散布することが可能で、拡散モーターの回転により散布する薬剤の量を調整することができます。

 

このように農薬を散布するためにトラクターを利用することは非常に効率的です。

 

またトラクター以外にも航空機を使った農薬散布の方法もあり、最近ではドローンを使って農薬を散布するという方法も試されるようになりました。

 

そしてトラクターで散布できるのは、農薬だけではなく、牛糞や鶏糞、化成肥料などの堆肥を撒くことも可能です。
こちらも取り付けられる専用のキットが展開されています。

 

ササキのブロードキャスターなどが有名ですが、肥料を入れるホッパーの中では、単一の肥料だけでなく、鶏糞や化成を同時に投入して撹拌しながら散布することも可能です。